UNO SPAZIO PER LASCIARE DEI MESSAGI MENSILI
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
小さい額
さんきゅー額
 
2006年の富山での個展のお礼状に使った刺繍を
同じ時期に、
ぐるりとステッチした額にいれて飾りました。
おきあがりこぼしは、
15歳の時にいただいたもので、
張り子や土人形を集めるきっかけになったものです。
 



 
2016年始まりの日に
小さい額
左下に見えるのが、故梅子おばあちゃんの和裁用へらです。
 


書斎本棚
書斎の本棚には、子供の時から集めている
土人形も並べています。



土人形たち

富山の天神さまと、
右下は姉と出かけて求めたお人形、どこのお人形だったかな・・・

イタリアの絵皿

本棚の真ん中には、
「伝統の模様をクロスステッチに」
でお見せしました針山が置いてあります。
「民藝」の表紙のこぎん刺しの模様と東欧の模様が、
よく合うなって、思います。

2016年、ことしもよろしくお願い申し上げます。

               平井陽子
スワンチェア
スワンチェア
フリッツハンセンにて、五割一部経由で
張りなおしてもらいました。
 
棚の人形
庭の木の芽がかわいらしく、目を出しています。
ステッチする手も、こころもち軽やかかな。
客間の棚
「平井陽子の復元文様1」
 ©HIRAI YOKO
HOME
居間の片隅椅子の上 

まだまだ寒い季節。
赤が目に暖かく感じられます。