UNO SPAZIO PER LASCIARE DEI MESSAGI MENSILI
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新居幸治 | main | 1851年の図案 >>
NEEDLE BOOK
ケースの内側とはさみニードルケース
これは、いつも使っているニードルケース。
内側は、キルト綿をいれてミシンでキルティングしました。
針は、ほとんどTAPESTRY用のSIZE26を使っています。
はさみは、刃先がカーブのを愛用していて、
刺繍枠はつかってないのですよ。
はじめまして。
DMで載せてらっしゃる刺繍が、これだけの道具からつくりだされてるのは、ちょっと驚きです。
やはり、ニードルケースも、ご自身のテイストがよく出た手づくりなのですか?素敵です。
刺繍本来のありかたを思い出すような気がしました〜
marcel | 2007/06/04 12:46
marcelさん、はじめまして。
ニードルケースは、大好きなブラックワークを刺して作りました。針を刺す部分はフェルトを使っています。
ほんとうに、なんでもない普通の道具なんです。シンプルすぎるぐらいかもしれません。
ようこ | 2007/06/04 17:20
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK