UNO SPAZIO PER LASCIARE DEI MESSAGI MENSILI
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
台所

 

食器棚のうえの、

山根窯のお皿を縦置きにしてみました。

 

 

北陸の冬なのにおひさまが差していて、

ものすごくうれしい。

背の高い植木は、

ぴーちゃんという名前です。

 

太郎、次郎、ぽ次郎のおうちに

おおきな鳥が仲間入りです。

東京のハーマンミラーショップから来ました。

あけましておめでとうございます

ウリに乗ったいのしし。

いのしし&金太郎さん。

 

こまいぬ。いのししと金太郎さん。

玄関でおでむかえです。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

ことしも、よい年でありますように。

よろしくおねがい申し上げます。

みなさまも、お元気でお過ごしください。

島根出雲のじょうき

島根県出雲のじょうき。

 

 

内側を照らすと、

船のなかで楽しんでいる人が見えます。

 

旅をして求めたお人形は、

いい思い出です。

 

張り子の虎と猿

2段目の右の方の虎が、松江でみつけて

そのとなりの猿は、出雲のさるで

林ショップでみつけました。

虎のとなりは、富山の人形です。

 

書斎の本棚にならんでいます。

15才のときに、「お人形をずっとあつめたらいいよ。」

と、おしえてくれた巧藝舎の小川展儀さんを思い出します。

いまわたしは、51才です。

 

山根窯

山根窯の、飴釉櫛目大角皿。

 

鳥取市骨谷町山根にある山根窯へおじゃましました。

石原さんご夫婦は、とても面白いすてきな方でした。

景色もきれい。

 

 

 

 

 

 

鳥取・島根民芸の旅

松江の蒸気船と、松江のお宮さん。

 

背の高い一番右が、倉吉のはこた人形。

 

ぽ次郎、太郎、次郎のお家に並べました。

 

 

鳥取・島根民芸の旅

松江のオブジェクト。

 

松江の名産堂。

鳥取・島根民芸の旅

出雲民芸館。

 

出雲民芸館。

 

鳥取民芸館。

 

小さいときからの、あこがれの地へ行ってきました。

富山からは、羽田を経由して米子まで入りました。

 

 

HANDKERCHEIF

「平井陽子の小さなクロスステッチ」の模様より

 

 LA BOTTEGA DEL RICAMO DI YOKO